【背景】

NPO ゲートシティ多賀城とは史都を標榜する多賀城を拠点にするまちづくり組織である。多賀城には奈良・平安時代、陸奥国府が置かれ、東北地方の政治・軍事の中心とされてきたが、同じ役割を持っていた太宰府と比べて認知度の低さは観 光客数に如実に表れている。
実際、多賀城市内には多賀城政庁跡をはじめ、多賀城廃寺、多賀城碑などの特別史跡・重要文化財が点在し、それらを訪れると静寂のなかに悠久の歴史を感 じることができるが、各所のネットワークや訪れた人へのホスピタリティの面から必ずしも史跡を活かしたまちづくりを行っているとは言い難い。また、その周囲にはいわゆるロードサイドショップが押し寄せ、経済の原理の前に景観の保持が危惧されている。
さらに、意外にも多賀城市在住者自身が多賀城の歴史そのものへの関心・愛着が希薄な例が少なくないのが現状である。


【目的】

上記をふまえ、多賀城の歴史的史跡を活かしたまちづくりのビジョンを提示するとともに、実践的な活動を通してまちへの愛着を醸成することを目的とする。

【歴史】

平成18 年に「(仮称)史跡を活かした街づくりを考える会」として活動を開始し、月一回の懇談会を継続する中、「南門をつくる会」に名称を改めた後 、平成19 年度の多賀城市市民活動団体助成金に応募するにあたり「NPO ゲートシティ多賀城」と改めた。会員は20 名を越え、多彩な背景を持った人が集まっている。
平成19年度には、歴史探索ツアー、歴史の道・詩都景観形成事業ワークショップ(多賀城市と協働)、あやめまつり史跡探索ツアーを企画・実施し、平成20 年度には南北大路表示事業 、万葉茶屋運営かたくり植栽、たがすぽ歴史散策ツアーなどと幅が広


FC2携帯変換について
->続きを表示
◆ツール
◆設定
▲上へ
このページはFC2携帯変換によってPC向けのページが携帯電話向けに変換されたものです
Powered by FC2